大牟田高校 ~体育祭の開催~

大牟田高校 第1回記事 ~体育祭の開催~

 

去る10月8日 (月曜日) に体育祭を行いました。

私たち生徒会は今年の1月から体育祭の準備を始めました。

実際に競技を試し、問題点を挙げ、その競技に参加する人、見ている人に、どうすれば楽しんでもらえるのか。

その競技には何人が参加しどんなルールにするべきなのかを、話し合いながらプログラムを作成し、どうしたら体育祭のテーマに込めた意味が伝わる入場門、退場門にすることができるのかを考えてデザインし、形にしてきました。

役員一人一人が重要な役割を持ち、本番の日を最高なものとするため、何度も何度も同じ練習を繰り返して当日を迎えました。

 

体育祭の係になった生徒は夏休みに登校して、自分たちに与えられた7分間をどのように使えば、ほかのブロックにない自分たちだけの演技にすることができるのかを考え、練習を重ねていました。ダンスリーダーや演技企画の係は創作するだけではなく、人前に立ち、たくさんの生徒を引っ張っていく立場でもありました。計画と進み具合がかみ合わないこと、思うように生徒がついてこないこともあったと思います。ですが、最後まで係としてブロックをまとめ、そのブロックの志気を高め、多くの生徒の「体育祭」という思い出を素敵なものにしてくれました。

 

生徒会役員はブロックのスタンドに入ることはできません。本部から見ていてスタンドがものすごく楽しそうであの中に入りたいと思うこともありました。

 

予定では10月6日(土)に開催される予定でしたが、二度の台風に見舞われ、日程、プログラムの変更がありました。前日は、体育祭当日がどのようなものになるのか大きな高揚感と同時に、不安や今まで準備してきたものを明日すべて出し切るというちょっとした寂しさを感じました。

 

 

~当日~

天気は晴れ。絶好の体育祭日和。

それぞれのブロックの色のTシャツを着た生徒がスタンドに集まっているのを見て「今日が当日なんだ」と、とても興奮しました。

 

 

入場行進、開会式、二人三脚と、どんどん競技が進み、練習期間中はあんなに1日が長く感じていたのに、気が付けばもう終盤。チアリーダーの可愛くてキレキレのダンス、先生が乱入して大盛り上がりだったブロック対抗リレーが終わり、閉会式の得点発表の時間を迎えます。

 

それぞれの順位が発表され、喜び、盛り上がる姿は、とても素敵で輝いていて、本部から見ていてとても感動し、心に残りました。

 

 

ブロックの解団式が終わり、最後に行われた生徒会演舞。今まで一緒に頑張ってきたメンバーの晴れ舞台は見ていて胸が熱くなりました。1200人の生徒ひとりひとりにとって、それぞれたくさんの思い出ができた体育祭になったと思います。体育祭がこんなに心に残るような行事になることは想像できませんでした。「体育祭楽しかった!」という話を耳に入れる度に、頑張ってきてよかったと心から思いました。

 

生徒会演舞、各ブロックの団長副団長と披露する様子

 

来年度はいよいよ創立100周年!最高なものになること間違いなしです!是非、足を運んでみてください!

 

 

 

Copyright COPROBAI All rights reserved.